おとにきく

ゲーム音楽を愛して20年の適当ブログ

勉強そっちのけ不可避 「学習ゲーム」のBGMの魅力

ゲームは楽しいけど勉強は辛い。ならゲーム感覚で勉強できればええやん!
なんてことは誰しも思うもの。

かの有名な「英語漬け」とか「脳トレ」も、そういった経緯で生まれたんだろうか。

今では英語や数学といった義務教育にとどまらず、中小企業診断士のようなガチな資格までDSやPSPで遊・・学べてしまうらしい。時代は変わるもんだなぁ(しみじみ)

机に突っ伏して黙々と勉強するのも大切だけど、そういうのが苦になる人にとってゲーム感覚でできるのは有り難い。僕もそういうの好きです。

 

が、しかし所詮はゲーム。いやいや、流石はゲームといったところか。

そういった学習ゲームにも「なんだこりゃ!」と思う名曲と出会えるものなんです。
そんな曲を3つほど紹介しようと思います。

 

Peter Piper Syndrome(えいご漬け) 作:椎葉大翼

"Peter Piper picked a peck ~~"という、英語の早口言葉を歌詞にしたボーカル曲。
タイトル画面で流れており、このゲームの顔となる曲だと思う。
テンポは遅くないけど、穏やかなリズムで心地いい。聴いてて眠くなる曲。
早口言葉だけあって口ずさむのは難しいけど、発音の練習になるかも?
作曲者の椎葉大翼さんは他にトモダチコレクションなんかも手掛けてます。

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

 

けいさんゲーム 算数4年

曲名知らず(多分無さそう)で作曲者不明。しかし一度聴けば忘れはしないダークなBGM

NEW HORIZONとかで有名な東京書籍の傘下が作ったという学習ゲーム・・・もといアクションゲーム。
"4年"でお察しの通り、この算数ゲーム1~6年生までシリーズがあります。
1年生あたりはまだしっかり算数してたんですが、4年になると何か一気にダークな感じになります。ちなみに主人公が持っているのはナイフです。f:id:hagoromox:20160509235233p:plain

それに伴い、BGMも悪魔上ドラキュラを思わせるようななんともクールなBGMに
これでも一応算数してるんだぜ・・・?()

まだ自分が産まれてない頃に出たゲームとあって、実際にプレイしたことはない(プレイ動画で知りました)ですが、レトロゲーム特有の短いループとメロディアスな曲調に一気に虜になりました。


けいさんゲーム 算数4年 【 ファミコンソフト 0151 】

 

Counter Strike (英単語ターゲットDS) 作: 安井洋介

英単語ターゲットといえば大学受験等でおなじみの参考書だが、これがDS用のゲームで出てるのがまず驚き。

僕の中の「お前絶対勉強させる気ないだろBGM選手権」のトップを飾る曲。

敵陣地に乗り込むシーンのような勇ましさと激しさがカッコよく、
慌ただしく駆け巡るベースに、サビでの解放感もなんとも熱い。でも英単語。
後タイトルもおかしい。カウンターストライクて。

初聴きで「これ英単語のゲームだよ」等と言っても誰も信じないに違いない
まさしくそんな感想を抱くBGMです。

実はゲーム内にある、アストロウォーズというSTGのようなミニゲームのBGMだそうで。確かに盛り上がるけど集中できるのか・・・?

作曲は、カスタムロボやエスカトスで有名な安井洋介氏。納得!
まもるクンの"YO-KAI Disco"など数々の名曲を手掛けてます。

NEW 英単語ターゲット1900DS

NEW 英単語ターゲット1900DS

 

 

学習ゲームにも思わぬ名曲が隠れてたりするんですよね・・・
本当にゲーム音楽は飽きない。ではまた。